人材育成ならeラーニングや合宿で集中的に教育するのが一番

役職者のスキルアップ

ミーティング

企業の中核を担う管理職は、事業計画から理念まですべてのことに目を向けておかなければなりません。これは、色んな業務で決定権を持つ合わせる人材であることから、企業が目指す方向性と一致した経営判断を行なわないといけないからです。さすがに最初から持ち合わせているものではないので、独自の管理職研修を受けた上で必要なスキルを身につけます。

管理職研修と聞くと、一般職の研修と類似するものをイメージされる人もいます。ただ、研修自体の流れは同じでも、一般職と管理職が習得するスキルには大きな違いがあります。その代表的なものがマネジメントや部下育成、戦略立案といった管理職がメインで行なう業務のスキルアップです。基本的に多くの部下を持って人員配置や業務指示を出す業務が増えるので、的確な判断ができるかどうかが試されます。このあたりは管理職研修において必修とも言える科目であり、習得していないと管理職になれない企業もあるくらいポピュラーなものです。

管理職ともなれば、兼任にしている業務も多く重要度の高い会議や決済事項を多くかかえています。ですから、管理職研修を受けるにしても、十分な時間が取れないことが予想されることでしょう。しかし、外部委託の研修サービスでは、1日で受講できるプランもあり短い時間で効率よく学べるようになっています。外部委託なら、他社で実績のある有名な講師を招いて研修をしてもらうこともできるので、有意義な時間になります。