人材育成ならeラーニングや合宿で集中的に教育するのが一番

集中的に教育

レディ

人材教育の一貫として注目されているのが、合宿を通した教育です。宿泊施設を利用して短期間集中で研修を行なうことができるので、個々のスキルアップとチームの連携強化が図れます。

Read

役職者のスキルアップ

ミーティング

企業にとって重要なポストである管理職は、業務の中核を担うためにさまざまな能力を身につけなければなりません。人気のある外部委託の管理職研修では、マネジメントや戦略立案など必要なスキルアップが可能です。

Read

経済を動かす人材づくり

男性と女性

人材育成の中でも特に注目されているのが、グローバル人材育成。世界のビジネスで渡り合える人材にするため、語学をはじめ文化や習慣などを軸とした独自の研修が人気を集めています。

Read

同じ指導が可能

男性と女性

システムを使った教育

新入社員やアルバイトが入社した場合、何かしらの業務トレーニングが必要になる場面もあります。例えば、調理方法や作業方法などがマニュアル化されている時は、それに沿って業務に従事してもらう必要があります。多店舗展開している企業になると、そのクオリティは全店統一する必要があるので、トレーニングの方法次第で商品やサービスの質が変わると言っても過言ではないでしょう。
ここでどの拠点でも同一の指導を行なうことができる方法として人気があるのがeラーニングを使った人材育成。eラーニングというのは、インターネット上で教材を使用し指導や教育のトレーニングを実施できるものです。こうしたシステムを導入することで、ヒトによる人材育成の差をなくすことができます。

クオリティ重視

ヒトによって人材育成に差が出てしまうのは、その時々で時間の使い方や状況が変わるからです。参加する人数が多い時や突発的なアクシデントがあった時は、否が応でも予定を変更することになります。ですから、同じ時間で教育を進めていても、指導進捗に差が生まれます。また、ヒトの伝え方は100%同じにすることはできません。ですから、ニュアンスや言葉使いで教育を受ける側の認識も変わってきます。こうした差を出さないのがeラーニングであり、一定の指導要領が組み込まれているからいつでも同じ研修になります。これによって、同じベースで指導進捗を確認しながらクオリティを重視した人材育成が実現します。